pickup  >> 転職したい薬剤師さんはこのサイトをcheck!

■  金融機関での貯金


貯金とは、金銭をためること。また、その金銭のことをいいます。通常は、金融機関に自分の持っている金銭を預けることを言う場合が多いようです。個人でお金を蓄え、持っておくことと区別する場合、預金というのが正式みたいです。ただ、郵便貯金、農協(JAバンク)、漁協(JFマリンバンク)は、預金ではなく、「貯金」と呼称しています。預金と貯金がどう違うかははっきり定義付けは出来ないみたいです。

辞書などでは、決済できるものが預金、お金を貯める目的を持つものが貯金と言われたりします。郵便局の貯金、銀行の預金という言い分けも、現在では違いはありません。預金には、当座預金、普通預金、定期預金などの種類があります。他にも、積立預金・積立定期預金などがあり、さらに、財形貯蓄、投資信託なども預金の一つと考えて良いかもしれません。

最近は、外貨預金というものも関心が高まっています。最近は、銀行とも様々な付き合い方があるものです。サービスも多様化し、取引によって手数料やサービスに差が出たりもします。一番使う口座と言えば預金口座ですが、細かく見直しをかけながら預金を考えなければいけません。

預金で一番ポピュラーなのは、普通預金、貯蓄預金、定期預金、外貨預金の四つになります。しかし、現在では、納税のため、決済のため、積立、大口の金額用など、目的に応じて様々な種類の預金があります。種類ごとに、優遇措置やATMなどのサービス内容もちがいます。金融機関が破綻した場合、補償の対象となっているものと、なっていないものや、安全性、流動性、収益性の面でも幅広い商品があります。こうしたいろいろな預金の方法から、自分の目的を考え、賢い貯金を行う必要があるわけです。

■ 本サイト人気コンテンツ


  ★ マネー中毒と貯金
  ★ 一つの手段としての投資信託
  ★ OL的貯金術
  ★ 貸金庫を利用する

■ 金融関連最新ニュース