pickup >> 優雅に貯金!2100円で海外旅行する方法!

■  マネー中毒と貯金


日本の、若い成人男性や、女性にも最近は、マネー中毒が増えているようです。マネー中毒のパターンとしては、

★消費が過剰すぎる人
=消費するお金が自分の所得と比べてオーバーしすぎている。
★仕事が中毒になっている人
=仕事をしてないと心配になったり、不安になってしまったりする。
★金銭面に執着心がありすぎる人
=お金に対して、必要以上に執着してしまう。
★過小な所得の人
=自分が働いた分の能力に見合った、給与を得ていない・・・。

こうしたものがあります。

マネー中毒に陥らないためには、常に自分のお金に対するセーフティーポイントを見極めるのが必要となります。まずは、貯金に手をつけるのを我慢したり、貯金をするとしても金利が高い銀行に貯金をしてみたりと、ちょっとした心がけや、工夫を行ってみることが大事かもしれません。

やるべきこととして、無理やり習慣づけることです。自動引き落としの積立貯蓄や、財形貯蓄等の社内制度で給与天引きにすれば、給料日には自動的に積立ができます。それが無理なら、自分で給料日に1万円でも良いので、別の口座に移しておくのです。給料日に必ず行うことを、何とか習慣付けてしまいましょう。次第に、貯めることが喜びとして感じられるようになるでしょう。

なかなか貯金ができない人は、低収入のせいにしているかもしれません。しかし、低収入でも貯金は可能です。例えば、自分の一ヶ月分の自分の生活費が少々残ったとしましょう。低所得の人の場合、どうにか残せたとしても、数百円かもしれません。こんなに少ない金額だと、ついつい使ってしまうかもしれません。しかし、ここがポイントで、こうしたわずかな金額だけでも、かならず貯金に回す、という心がけを持つことです。

■ 本サイト人気コンテンツ


  ★ マネー中毒と貯金
  ★ 一つの手段としての投資信託
  ★ OL的貯金術
  ★ 貸金庫を利用する