pickup >> 優雅に貯金!2100円で海外旅行する方法!

■  外貨貯金への関心の高まり


最近、外貨貯金に対する関心が高まっているようです。一方で、外貨貯金とはどういうものなのか、きちんと理解している人もまだまだ少ないようです。海外での貯金は年利が5パーセントぐらいなどと、景気がとても良い、という話をよく聞きます。また、銀行からも、外貨貯金はお得ですよ、と勧誘されることが多くなりました。

ただ、あまり安易に始めるのも禁物です。日本での金利は、1パーセント未満ぐらいで推移しています。そこで、信用度の高い一般企業が銀行から最も低い金利で、かつ、大口の融資をしてもらうとします。そして、海外で定期預金をたくさん契約すれば、理論の上ではかなりの利益を得られることになります。しかし、こうした考え方は少し単純すぎるといわざるを得ません。

これを、一般個人の場合で考えると、一般個人を対象とした外貨貯金や為替取引の手数料は、大きな取引が可能な企業の大口と比べて、絶対的に難しく、不利な状態なのは間違いありません。外貨貯金的な話は大々的に儲かる、という宣伝をよく聞きますが、実際に試す前に、具体的に、数字的な現実をよく検討し、慎重に取り組むべきでしょう。

外貨貯金は日本の銀行と比較すると非常に高い金利だということが1番のメリットです。ただ、外貨貯金を始める前に外貨貯金のデメリットや注意点も念頭に入れておく必要があるでしょう。外貨貯金というのは日本の定期預金とは異なり、為替の変動によっては元金割れもするリスクがある商品ですから、絶対に損はしたくないと思う人は外貨貯金はしないほうがいいでしょう。金利だけに目を奪われないこと。自分で勉強すること。いろんな金融機関で商品について聞くこと。リスクと上手に付き合うこと。 こうしたことを念頭に、外貨貯金を検討することです。

■ 本サイト人気コンテンツ


  ★ マネー中毒と貯金
  ★ 一つの手段としての投資信託
  ★ OL的貯金術
  ★ 貸金庫を利用する