pickup >> 優雅に貯金!2100円で海外旅行する方法!

■  一つの手段としての投資信託


最近は、貯金の一つの手段として、投資信託に対する関心も高まっているようです。しかし、投資信託は、預貯金と違い、必ずある程度のリスクが伴う、ということも頭に入れておくべきです。必ずお金が増える保証はなく、損をする可能性も大きいのです。このため、リスクが高いものは、資金的に余裕のある範囲で投資を行う心がけが必要です。

投資信託を選ぶ際は、多少はリスクが高くても、高い収益を狙うか、高い収益が期待できなくても安定したもの選ぶか、が第一です。こうしたことから、生活資金や、子どもの将来のための準備資金のような、安定性を第一に考えたいものは、リスクが高いものは避けるべきでしょう。短期間で使用する目的がはっきりしている場合、リスクが低めのものを。長期的に貯蓄することが目的の場合は、少しリスクが高めのものへ投資する、というのが通常の選択肢でしょう。

投資に使うお金は投資信託のリスクを考えて、安定性と収益性のバランスを考えて選ぶことが重要なのです。次に、運用スタイルも含めて、商品の特色を把握します。国内型か海外型か、さらに、運用期間が決められているか、無期限なのか、などです。他に、手数料や税金の金額も確かめる必要があります。

海外に投資する時は、円高、円安が基準価格に影響する、ということも知っておくべきです。また、収益分配金が投資家に直接支払われるものなのか、自動的に再投資に回されるものなのかも確認しておくことでしょう。一般的に投資信託は長期で継続的な投資が有利といわれています。商品によっては、ハイリスク・ハイリターンのものもある事から、国内株式型の投資信託は、ある程度資金に余裕のある人に向いているといえるでしょう。そして最低5年以上保有する事が理想です。

■ 本サイト人気コンテンツ


  ★ マネー中毒と貯金
  ★ 一つの手段としての投資信託
  ★ OL的貯金術
  ★ 貸金庫を利用する