pickup >> 優雅に貯金!2100円で海外旅行する方法!

■  若者の貯金に対する感覚


あるところが行った、20代の若者を対象にした、貯金に関する調査によると、「全く貯金しない」との答えが約2割で、一方、約8割が、毎月貯金をしていると応えています。また、貯蓄の目的は、「いざという時のため」が65%となっています。次いで、「旅行資金」が28%、「病気や事故の備え」が27%、「老後の蓄え」が 23%となっています。明確な目的のある貯蓄よりも、これで見ると、何かあった時のため、備えとしての貯蓄の必要性を感じている若者が多いことが分かります。

また、これまでにお金をかけたものは何か、という設問に対しては、「外食」「国内旅行」が各々36%、次いで「洋服・ファッション」が34%となっています。また、今後積極的にお金をかけたいものは何か、という設問については、「貯金」が44%で最も多く、次いで「国内旅行」が37%、「洋服・ファッション」が36%となっています。

若者のレジャーに関しても、海外旅行に出かける若者の数が激減している、という統計データがあります。海外旅行が昔ほど特別でなくなっていることもあるでしょうが、主な理由として、お金がない」「休みが取れない」といったものが多いようです。また、会社関係でも、社内の飲み会などに参加しない若い社員が増えている、ということです。

これで見ると、最近の若者は堅実になった、と言えるかもしれませんが、内実は、いろいろ複雑のようです。年金問題などから、政府に対する若者の不信感の高まりもあるでしょうが、また、自己投資、お金の使い方を知らない若者が増えてきているせいだ、と指摘する声もあります。今後の景気の活性化には、こうした若者の心を捉えた商品の開発もポイントとなるかもしれません。

■ 本サイト人気コンテンツ


  ★ マネー中毒と貯金
  ★ 一つの手段としての投資信託
  ★ OL的貯金術
  ★ 貸金庫を利用する