pickup >> 優雅に貯金!2100円で海外旅行する方法!

■  タンス貯金の運用


貯金の一つに、タンス貯金というものがあります。銀行の低金利の時代、タンス貯金をしている人も多い、とよく言われます。ここ10年ぐらい、銀行利子が0に近かったこともあり、銀行貯金のメリットが薄れたのが、タンス貯金が増えた理由といわれます。日本のタンス預金は20兆円といわれています。今は、数十万円位の金額だと、タンス貯金をしているケースが多いみたいです。これが、以前のように利子が5パーセントくらいになると、タンス貯金は減るものとされています。

タンス貯金は、金が増えることがない、と思われがちですが、決してそうでもない、といわれます。デフレ経済下(恒常的に物価が下がり続ける経済状態)では、物価が下がり続けているわけですから、現金のまま保有していても、物やサービスに対する貨幣(お金)の購買力は相対的に上昇するわけです。お金の価値というものは、物やサービスとの交換機能にあります。持っているお金の量が増えなくても、物価が下がりさえすれば、資産がふえたことと同様の効用が得られる、ということになります。

しかし、タンス貯金にしても、無利息ですし、盗難の恐れもあります。ここで、有効な資産の保管、運用を考える必要もあるでしょう。例えば、最近は証券会社のMRFが注目されているみたいです。FXも、リスクが少なく、少ない資金ではじめられることから、関心が高まっているようです。純金積み立ても比較的手軽に始められるものです。

お札のリニューアルや、近い将来の、株券の電子化などにより、資産をタンスに閉まっておく、ということも今後は難しくなるかも知れません。政府にしても、何とかタンス貯金を市場に引き出させようと、今後も何らかの政策を打ち出すことが考えられます。タンス貯金を出そうという気持ちにさせるような、魅力的な商品の登場、政府のPRも、今後は望まれるところでしょう。

■ 本サイト人気コンテンツ


  ★ マネー中毒と貯金
  ★ 一つの手段としての投資信託
  ★ OL的貯金術
  ★ 貸金庫を利用する