pickup >> 優雅に貯金!2100円で海外旅行する方法!

■  貸金庫を利用する


多くの銀行には、貸し金庫のサービスがあります。貸し金庫とは、お金以外のものを預けるところと思うものです。普段、貸し金庫を貯金の一つとして利用している人は、あまり多くないでしょう。実際は、貸し金庫は、貸し金庫の大きさの中に入るものなら、危険物や変質の恐れがあるもの以外、何をいれても良いのです。例えば、他の銀行の貯金通帳を、自分のメインの銀行の貸し金庫に入れる、というのも一向に構いません。

貸し金庫のメリットとして、まず、高い安全性があります。また、自分が保管しておいたものを、そのまま、また取り出すことができます。ATMを利用して預けたお金を引き出すと、元々自分が預けたお札とは、違うお札が出てきます。場合によっては、新札が出てくることもあります。貸し金庫の場合はそういったことはありません。

番号を控えておき、自分が本当に必要なお金をそのまま保管でき、そのままの状態でまた、取り出すことができます。その他にも、銀行によって、独自のサービスがあります。例えば、ある銀行の貸し金庫は、利用する時、個室で利用でき、使用する人のプライバシーが守られます。また、営業時間内であれば、何度でも使用できます。保管品の大きさなど、ニーズに合わせ、さまざまなサイズ・機能の貸金庫を選ぶことが出来るところもあります。

貸し金庫を利用するためには、必要な手数料を支払う必要はありますが、自分の一生の宝物や思い出もしまったりと、利用価値もあるので、それなりの意味はあるでしょう。貯金を下ろしに来たついでに、貸し金庫に物を保管するなど、能率のいい銀行の利用の方法もあります。何より、自分の家に保管するより、安全性が高い、ということがあるでしょう。

■ 本サイト人気コンテンツ


  ★ マネー中毒と貯金
  ★ 一つの手段としての投資信託
  ★ OL的貯金術
  ★ 貸金庫を利用する