pickup >> 優雅に貯金!2100円で海外旅行する方法!

■  教育貯金


銀行などへ預金通帳を作って貯金をするのが、ごく一般的な貯金の方法ですが、お子様の為の教育積み立ての貯金というのは、郵便局へ積み立てをされているのが一般的でしょう。教育資金といえば郵便局を利用するのが当たり前のようになっています。郵便局の教育資金というのは、お子様の成長に合わせて貯まった貯金をおろすことができます。また、満期時まで据え置きすることもでき、お子様の大学進学などといっ多額 の出費が必要となる際の、入学金や授業料などに貯まった貯金を充当することもできます。

お子様の学費というのは一体どれ位の費用がかかるのか?進路が決まっており、ある程度の学費の目途が分かっていたとしても実際には検討がつかないものが現実でしょう。まとまった資金というのが必要になることを想定して、早い段階から節約をするなどして貯金を増やしていくことが大切でしょう。平均的に一人のお子様が小学校・中学校・高校・大学(4年)といった形で進学をする際に、学費の相場というのはどれ位するのでしょうか?住む地域や私立、公立などの通われる学校によっても学費のバラつきがあると思います。インターネットのサイトなどである程度の目安というかたちで学費の金額が掲載されていました。

最愛の我が子のために、出来る限りの事はしてあげたいのが親です。特に、進学などかかるお金の問題というのは、現実問題として非常に重要な部分になります。計画性を立てて教育資金を貯金しておきましょう。郵便局だけとは限りませんが、生命保険会社でも、教育資金といった種類の保険商品もあるようです。各家庭に見合った形で教育資金を選び無理のない形で長期的に貯金はしていきたいものです。

■ 本サイト人気コンテンツ


  ★ マネー中毒と貯金
  ★ 一つの手段としての投資信託
  ★ OL的貯金術
  ★ 貸金庫を利用する